【コーヒーはダイエットの味方!!痩せる!?!?】

Meal
スポンサーリンク

こんにちは(*’ω’*)くるたん通信へお越しいただきありがとうございます☆彡

くるたんはコーヒーが大好きです。

コーヒーは痩せるのかな、と疑問に思ったので、コーヒーについてお勉強してみました。

スポンサーリンク

くるみがコーヒー好きな理由

うちの祖父・祖母は喫茶店営業しています。私の小さなころから、いや、お父さんの小さなころからずっとずっと。コーヒーの香りとともに育ってきて、コーヒーは朝から豆から挽いて飲むのが当たり前の毎日。子供のころは苦いからミルクは入れていたものの、砂糖をコーヒーに入れる概念はなし。いつの間にかブラックコーヒーもカフェオレも大好きなものとなっていました。本当に育ちで好きって感じですね。

コーヒーは体にいい?痩せる?

コーヒーには、「カフェイン」「クロロゲン酸」という物質があります。
2つとも脂肪燃焼するみたいです。

確かに油もの摂取すると、アイスコーヒー飲みたくなる…これは理にかなっている!って思って…

この2つの物質が体に作用するみたい(*’ω’*)私も勉強しててコーヒー好きでよかったなあって思いました♪

「覚醒作用だけじゃない!?」コーヒーの作用

カフェインにはお馴染み、「覚醒作用」ってありましたよね!
それ以外にもたくさん効果あるみたいで…
✔覚醒作用
✔リパーゼという消化酵素をだして脂肪燃焼効果
✔利尿作用→浮腫みをとる
✔基礎代謝UP

✔コーヒー飲んでる私可愛い、かっこいい、大人~っていう気分転換←え
と心身ともに体にいいようです。

クロロゲン酸とは!?!?

クロロゲン酸とはなんぞや!?

クロロゲン酸とは「ポリフェノール」の1つ。
ポリフェノールは赤ワインやお茶のカテキン、ココアや生野菜にも含まれていて、その数は5000種類以上もあります。
コーヒーには、その中のクロロゲン酸が多く含まれているんだって!
コーヒーにはお茶の約2倍のポリフェノールが含まれておりますっ♡♡
ポリフェノールの作用としては
✔抗酸化作用
✔抗菌
✔抗ガン
抗肥満
✔脂肪代謝調節
✔口臭抑制
✔抗疲労
があります( ..)φメモメモ

ポリフェノールすんごっ(‘ω’)♡

くるたんからのコーヒー注意点

ダイエットにおけるコーヒーを飲む際の注意点!

①缶コーヒー(加糖)は注意!

コーヒーだからといって、ここで糖質過剰にとっては意味ないですよね(笑)ソフトドリンクは砂糖の点滴です!注意を!

②コーヒーで脂肪燃焼されたから食べ過ぎる

全く意味ないです。食べ過ぎるならコーヒー辞めておきましょう(笑)※ダイエット目的の方はね

③飲みすぎないこと!

カフェイン胃酸を増やすので飲みすぎると胃を荒らしてしまう可能性あります!ナースとして言わせてください。飲みすぎないように!空腹にはミルクや豆乳で胃粘膜を作るようにしましょう。

ちょぴっと豆知識( ..)φメモメモ
コーヒーは飲んでから30分ほどで脂肪燃焼作用が大きくなります(*’ω’*)
ぜひ、時間も意識してから活動してみてくださいっ♪

まとめ

私はNO Coffee NO LIFEなので、普段からよく口にしていましたが、こうやてみてみるとすごく面白いですよね♪

コーヒーは体にいいですが、どの食品でもそうですが、摂取のしすぎには注意しましょう(;_:)

これからもコーヒーを適度に飲み続けていきます☆彡

サイト運営者
くるたん

2019年6月から独学で筋トレスタートし、体重62kg→51kg、体脂肪率35%→21%へ。筋トレ・食事におもしろみ・楽しさを感じ、ブログやSNSで情報発信してます☆彡健康的なセクシーボディを目指し、ボディメイク中。おいしいものを食べながら、健康にボディメイク出来るようにお勉強しています。身に着けた知識をブログに綴っています。
Instagramでは、くるたんの私生活・食生活・ジム生活をリアルタイムで載せています。
Twitterでは、その時感じたことの呟き・ブログ記事更新情報を流しています。

くるたんをフォローする
Meal
スポンサーリンク
Body Record.

コメント

タイトルとURLをコピーしました