【同棲生活】きっかけのお話。

Life Style
スポンサーリンク

こんにちは(‘ω’)ノ

今回は同棲生活が始まった「きっかけ」についてお話します。

くるたんの経験が、今後の同棲生活を考えられている方に参考になればいいな、と思います。

スポンサーリンク

付き合って速攻同棲!?

くるたんとひさぴは、2019年の4月から付き合っています。
そして2019年の4月から同棲をしています。←え

「同棲を始めよう」と言って同棲になったわけではないのです(笑)
気付いたら同棲になっていました。

元のくるたんの生活

最初はお互い1人暮らし。大阪市内の1Kに住んでいました。
くるたんは1Kのお部屋に友達と軽くルームシェアしていました。
お仕事の都合上、反対の時間の生活が続くこともありましたが、仲良く友達と住んでいました。
その頃のくるたんは
・掃除しない
・料理しない
・お金の計算しない
と、生計をたてれるタイプではありませんでした。
本当に遊ぶために都会に出てきたようなものでした。

不運続きの人生

しかし、遊んでばかりのくるたんに神様のお叱りを受けたのか、


・大切な看護師の同期に70万お金を口座から盗まれる
・腎盂腎炎になり入院する
・腹膜炎になり緊急手術をする

と不運が続いたのです。
これだけのイベントがあると、お財布・通帳は淋しく淋しく…

そのうえに家賃や光熱費は絶対かかってきます。
看護学校の奨学金の返済、車のローンもあり、看護師なのにヒィヒィ言う生活を続けました。
それでも遊ぶことは辞めれず…
遊んで遊んで更にお財布が淋しい生活を続けました。

食費にさえお金をかけなくなる

そしてお金は遊びにだけ使いたい、と思うようになり、食費にさえお金をかけなくなりました。
連絡先を見ては、食事を御馳走してくれそうな人にLINEし、御馳走してもらうという、最低な生活を送っていました(笑)
これが原因で外食ばかりしすぎて肌荒れ・肥満となりました。

その中の1人に、現在の彼氏、「ひさぴ」がいました。

色んな人に食事を御馳走になっていましたが、ひさぴは本当に面白く、しかも家が歩いて10分ほどと近く、暇になると「ひさぴにLINEしよ」「ひさぴご飯誘ってみよう」「暇やな、電話しよ」という様な生活が続きました。
キュンキュンなどではなく、とりあえず「おもしろい・楽しい」でした。
ひさぴには飯乞食と言われていました(笑)

交際スタートする

そんなこんなで食事・連絡をする間にすごく仲良くなり、付き合うこととなりました。
よくこんな飯乞食かつ最低な生活を送ってきた女と付き合ってくれたものです(笑)

付き合う前から、ひさぴはくるたんが壮絶な不運続きなことをよく知っていました。

くるたんが固定費などお金の話をしていると
「家賃もったいないから、もう家引き払ってここ住めば?」
と言ってくれました。

1Kに2人!?とふつうなるかもしれませんが、お金が底をついていたくるたんにはすごくありがたい言葉でした。

ルームシェアしていた友達には理由を伝えると「私もそろそろ1人の家探そうと思っててん」とのことで、その家は引き払うこととなりました。

そして荷物を運び、不要なものは捨て、同棲生活がスタートしました。

なので、2019年4月に付き合って、2019年4月に同棲スタートしました(笑)

まとめ

現在も1Kに2人で住んでいます(笑)
具体的な生活・タメになる情報や工夫していることも記事にしていこうと思っています。

部屋の間取りは狭いですが、仲良しなので楽しいです。

広めの家に引っ越そうと思っているのですが、現在コロナなどでややこしいので、しっかりお金を貯めて、軸が固まったら引っ越しします!

本当にいい人に巡り合えたおかげで、くるたんは不運から抜け出すことが出来て、Happy人間に生まれ変われました。

もう遊びすぎるのもやめて、筋トレをしっかりして、ご飯は自分でつくり、外食もたまには行き、毎日笑顔で過ごせていてほんとうに幸せです。

全てひさぴのおかげだと思っています。

「私の人生最悪だ」と思う時もあると思いますが、何かで変われるかもしれません。人生1度きりですので、後悔のない生き方をしましょう。

くるたん・ひさぴもこれからも幸せな日々を歩けるよう、精進します☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました