【ボディメイクに絶対的必要なトレーニンググッズ!!】トレーニングバンドをしっかり使いこなせてる?

BODY MAKE
スポンサーリンク

こんにちは(‘ω’)ノ

皆さまは宅トレ派?ジムトレ派?

私は断然ジム派ですが、雨でジムに行くのがしんどい時ってありますよね…。

ジムに行かなくてもしっかり筋肉に負荷をかけれる
【トレーニングバンド】
について今日はお話しようと思います。

スポンサーリンク

トレーニングバンドって?

トレーニングバンドとは、ゴム素材で出来ており、誰でも手軽に筋肉に負荷をかけることが出来るバンドのことです。
また、トレーニングバンドの大抵のものは、弱~強の強度があり、何本かセットで入っています。

カラーも色とりどりで可愛いもの~シンプルでかっこいいものまであります。

誰でもどこでも安全にトレーニングに使えるのがトレーニングバンドです♪

くるたんのトレーニングバンド使い方〇選!

私はトレーニングバンドは基本【尻トレ】をメインに使いますが、たまに他の部位も鍛えているので、私流ですが、紹介しようと思います。

Booty training(尻トレ)

・太ももあたりにバンドを巻き、お尻を後ろに突き出す感じでスクワットをする。
・太ももあたりにバンドを巻き、片方の足を後ろに下げて、前足の膝がつま先より前に出ないように気を付けて、ランジスクワットをする。
・うつ伏せになり太ももまでバンドを巻き、お尻の付け根から下半身をくいっと上げる。
・太ももあたりにバンドを巻き、肩幅ほど足を開き、中腰にお尻を下げてカニさん歩きをする。

Leg training(脚トレ)

・太ももあたりにバンドを巻き、立ちながら片足ずつ足パカ。
・仰向けになり、太ももにバンドを巻き、ゆっくり足パカ。

Back training(背中トレ)

・片足の裏にバンドをひっかけて、片手でバンドを持ち、背中を意識して、バンドを引っ張る。反対側も同じ回数を繰り返す。

その他

調べてみると大胸筋なども鍛えられるみたい!

ですが、私はそこまでやりこんでないです(*_*)すいません(*_*)

youtubeでもトレーニングバンドを使用したトレーニングがたくさんあるので参考にしてみるのもいいかもしれませんね☆彡

くるたんのトレーニングバンド効果は!?

私はジムでのトレーニングが好きなので、コロナ第1波の自粛中にトレーニングバンドを使用していましたが、ジムで重たい負荷をかけすぎるよりも、トレーニングバンドでの軽い負荷×回数の方が足がすらっとして見えました!

お尻も以外と筋肉痛になるまで負荷をかけることが出来て、どこでも手軽で出来る割には本格的なトレーニングが出来ておすすめだな、と感じました。

購入方法と値段相場

トレーニングバンドは、ホームセンターやスポーツ用品店でも売っていますが、私はAmazonで購入しました。

店頭で購入するものは、メーカー物が多く高い印象で…。

ネット購入だと、メーカー物もありますし、メーカーではないですがデザイン性に優れたものが安く手に入るので、私は採寸などが不必要なものはネットで購入しています。

私の場合は5本セット(全て強度が異なるもの)で1200円(=゚ω゚)ノ 
とかなりAmazonでも安いものを(笑)

プラスで、トレーニング方法の用紙も入っていました。
その用紙+筋トレyoutuberさんを見ながら筋トレの学習をしました。

値段に関係なくしっかりとしたバンドが届いてよかったです(*’ω’*)

まとめ

トレーニングバンドは本当に購入してよかったと思っています。

家での自重トレーニングだけでは、なかなかうまく負荷をかけられないですがトレーニングバンドがあると簡単に負荷をかけることが出来るからです。

でもやっぱり私は家でのトレーニングより、ジムが好き…♡(笑)
ジムにいるっていう空間が好き(笑)

ですが、忙しい時は奴らで脂肪燃焼をはかっていこうと思います♪

最後までお読みいただきありがとうございました~(‘ω’)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました