【1Kで同棲】メリットとデメリットを経験からお話。

Other
スポンサーリンク

こんにちは(‘ω’)ノ
くるたんです(*’ω’*)

私はブログタイトルに記載されているように、同棲生活を送っています。
が!!!
実は1Kの23畳という、とてもとても小さな暮らしをしています。
もう少しで1LDKにお引越しするのですが。

これから同棲する方、現在同棲されている方の参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク

同棲を始めた理由

以前記事にも書いた「同棲生活のきっかけ」。
「同棲しよう!」と思って始めたのではなく、私がお金に底をついたにも関わらず、一人暮らし&ローンを継続しており、金銭的な関係や家の近さもろもろあり、ほぼ私の居候という状態で同棲スタート。

気付いたら一緒に住んでいたという感じですね。

詳しくは以下記事をご覧ください。

1K同棲メリット

1Kに同棲していて「よかったな~」と思うこともありました。
以下をご覧ください。

・都会で物価が高い土地に住んでいても安く住める
・整理整頓を覚える
・ずっと同じ部屋にいるので仲良し
・気が合うか合わないか確かめることが出来る(?)
・掃除機・コロコロ・クイックルワイパーの面積が少ない
・全部手の届く場所にものがある
正直メリットは少ないです(笑)
都会に住んでいても安い
が一番のメリットですよね。
都会で2人が住める賃貸を借りるなんて高い高い(;_:)
私節約が下手くそなので、固定費を抑えるしか方法ないんですよね。
固定費の5万円があれば、どこにあそびに行けるだろう、なんて考えていると、約1年半1Kで同棲していることになっていました。

デメリット

たくさんあります。

・狭い
・物の置き場がなく足の踏み場が少ない
・壁にひっかける方法で整理整頓しているので、よく自分がひっかかる
・服が多いとイライラする
・とりあえずイライラする
・キッチンが狭く、ご飯が作りにくいかつ洗い物がしにくい
・冷蔵庫が小さいものしか置けないので頻回にスーパーに行かないといけない
・洗濯の干す場所が狭い
・汚れてくると家にいたくなくなる
・(喧嘩が多いカップルなら)喧嘩後に離れる場所が家の中にないwww
デメリットは本当にたくさん出てきます(笑)
1人の面積の場所に2人が住んでいる訳なので、そりゃデメリットも多いですよね、当たり前。
家事がニガテ・節約がニガテなくるたん、狭いだけで発狂(笑)
よく発狂していましたが、ダーリン優しいので、「くるちゃん、短期は損気だよ~」なんて言いながらあやしてくれました。
 
私たちは喧嘩がほぼなかったので、(ネタの冗談の言い合いはよくする)大丈夫でしたが、お互いに短期だと厳しいかもしれません。

改善した部分

狭い

これは何をどうやっても狭いです。
耐えるしかありません。
1Kで同棲を選んだのは自分たちです。
狭さは変わりません。

足の踏み場がない

100円ショップで、収納ボックスやつっぱり棒を使用して、タオルや食器は整頓していました。
突っ張り棒は本当に便利。
是非隙間に使用してみてください♪

服が多い

頑張って衣替えをし、圧縮袋へ。
これはなかなか改善出来なくて、服はかさばりますよね。
もうあきらめてあちらこちらへ置いていました(笑)

出来る限り戸棚へ押し付け入れる。
本当に掃除が出来ないって大変(笑)

誰か掃除教えて~~~~と叫びたくなる。

その他

改善できるものは少なかったですね。
そこを選んだのならば、そこに合った生活をしていくしかないみたい。

家事が得意、工夫が得意な人はもっと色々思い浮かぶのかも!

まとめ

賃貸選びは何をメインに選ぶのかで変わってきます。

・職場からの近さ
・都会がいい
・電車の利便性
・家賃
・家の中の構造
などなど。
何をメインにしますか?
 
私たちは、最初は職場が近いのがいいよね、なんて言っていましたが、別に高いお金を払って都会に住むメリットはなくなってきているのでは、と感じたので、
優先順位を考えて
1.家賃
2.キッチンの使いやすさ
3.仕事に行きやすい電車が通っているか
を考えて次の家を選びました。
 
家の中で快適に過ごせるかどうかってやっぱり大切だと思うんです。
秋~新居。
楽しい日々が待っているんだろうな~(*’ω’*)♡
 
最後までお読みいただきありがとうございました☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました